密教図像学会

学術大会

密教図像学会第36回学術大会プログラム

 
 
 
 
 ※終了しました。
 
 
 
日程 
平成28年12月10日
会場
佛教大学宗教文化ミュージアム
〒616-9306 京都市右京区嵯峨広沢西裏町5-26
TEL 075-873-3115
http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/museum/
9:15-9:55 受付
9:55-10:00 会長挨拶
10:00-10:35 仏陀像における三十二相・八十種好の表現
金 順子(大正大学大学院)
10:35-11:10 カナガナハッリ大塔に描かれる雪山地方への伝道伝説について
中西麻一子(佛教大学大学院)
11:10-11:45 『悲出現と称する修習念誦次第儀軌』(Karuṇodaya-nāma-bhāvanā-japa-vidhi)の観想マンダラについて
木村美保(大正大学大学院)
11:45-12:20 インドネシア・ジャンビ州立博物館所蔵の仏像について
伊藤奈保子(広島大学)
12:20-13:50 昼食(委員会)
13:50-14:25 <胎蔵曼荼羅>最外院の図像学的研究
天野 歩(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)
14:25-15:00 観心寺仏眼仏母如来像・弥勒如来像と宗叡 −−図像と寺史の検討を通じて−−
森井友之(同志社大学大学院)
15:00-15:35 法然本地身としての勢至菩薩坐像について −−浄土宗美術としての再評価−−
植村拓哉(佛教大学宗教文化ミュージアム)
15:35-16:10 旧仏性寺阿弥陀三尊像(西蓮寺阿弥陀如来坐像と西光寺観音・勢至菩薩坐像)について
−−伊勢平氏の本拠地にのこる平安文化−− 關 信子(美術史家)
16:20-16:50 平成29年度総会
17:00-17:20 バスで清涼寺に移動
17:20-18:00 清涼寺拝観
18:15-20:00 懇親会(釈迦堂清涼寺内 竹仙)

参加費:1,000円(資料代を含む)
懇親会費:5,000円(先着40名限定)

連絡先

密教図像学会

〒600-8268
京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
龍谷大学文学部 入澤崇研究室気付
密教図像学会事務局
電話075-343-3311(代)

↑ PAGE TOP