密教図像学会

学術大会

密教図像学会第40回学術大会

 
 
 
 
 
 
 

2021年(令和3年)度密教図像学会総会 第40回学術大会

日時 2020年(令和2年)11月28日(土)学術大会・総会

会場 龍谷大学大宮キャンパス東黌(とうこう)301教室
〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
総会終了後、龍谷ミュージアムの企画展「ほとけと神々大集合―岡山・宗教美術の名宝―」を見学します。
10:00 受付開始
10:25 開会挨拶 
研究発表(発表時間25分、質疑応答10分)
1.10:30~11:05 「マハーマーヤー」とは誰か ―インド後期仏教密教における女神の諸相―
大観 慈聖(京都大学大学院修了)
2.11:10~11:45 『ヴァジュラーヴァリー』曼荼羅集における注釈(bshad pa)とタンカ規範(thang dpe)について
菊谷 竜太(京都大学白眉センター/文学研究科 特定准教授)
11:45~13:30 昼食
11:50~13:20 委員会(会場:龍谷大学東黌201室) 
5.13:30~14:05 密観宝珠形舎利容器の密教的背景
鍵和田 聖子(総本山永観堂禅林寺学芸員、龍谷大学非常勤講師)
6.14:10~14:45 クチャの説一切有部系の説話美術に見られる二つの系統について
檜山 智美(京都大学白眉センター/人文科学研究所 特定助教)
 (10分の小休止を挟みます)
7.14:55~15:30 古代インドにおける菩薩造像のメカニズムに関する一試論 ―根本説一切有部律と「ヒンドゥー化」との関連を通して―
永田 郁(崇城大学芸術学部教授)
8.15:35~16:10 ガンダーラにおける大乗仏教美術の様相 ―大構図浮彫の「楼閣タイプ」と「蓮池タイプ」を中心にー
宮治 昭(龍谷大学・名古屋大学名誉教授)

密教図像学会2021年(令和3年)度総会 16:20~17:00

第40回学術大会及び総会 ポスター


過去の学術大会

第39回(令和元年11月30日 於:園城寺)

第38回(平成30年12月1日 於:神奈川県立金沢文庫)

第37回(平成29年12月2日 於:高野山大学)

第36回(平成28年12月10日 於:佛教大学)

連絡先

密教図像学会

〒600-8268
京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
龍谷大学文学部 入澤崇研究室気付
密教図像学会事務局

↑ PAGE TOP