密教図像学会

刊行物

創刊号
創刊のことば佐和隆研1
仏教における美術の意義平川彰1
密教図像学の問題について佐和隆研16
醍醐寺所蔵の白描図像:特に空海系の図像について佐和隆研22
金剛薩埵図像覚え書き(上)頼富本宏30
当麻曼荼羅下縁部九品来迎図像の形成河原由雄46
六十四瑜伽女の図像資料清水乞72
エレファンタ島の三面のシヴァ胸像について石黒淳89
第2号
タボ寺の尊像美術:毘盧遮那像と阿弥陀像を中心として氏家覚勝1
アジャンターの菩薩蔵における図像構成上の特徴山田耕二15
敦煌莫高窟の弥勒浄土変相尾崎直人30
四波羅蜜菩薩の成立について田中公明49
金剛界曼荼羅の変形としての理趣経曼荼羅:宗叡請来の曼荼羅を中心として八田幸雄61
ギルギット所伝の密教図像文献松村恒71
図像・彫像と仏師江口正尊80
Abstract: 11-headed Avalokiteśvara(KUAN-YIN, KANNON)Tove E.Neville89
第3号
不動明王像の古例とその形式伊東史朗1
寛信の類秘抄と類聚抄:覚禅抄の引用をめぐって川村知行25
経典と図像:文殊菩薩に関して井上曙生41
『一切仏集会拏吉尼戒網タントラ』とその曼荼羅について田中公明59
ヘーヴァジュラ曼荼羅の構成:その成立と展開島田茂樹72
第4号
愛染明王曼荼羅図の立体化:理趣会の発想真鍋俊照1
十三仏図像と十王図本地仏:信仰資料の図像学田村隆照14
カトマンドゥにおける八母神と八バイラヴァ立川武蔵29
球磨・髙寺院の木造勢至菩薩立像有木芳隆46
ヴァジュラパーニをめぐる諸問題入澤崇55
第5号
絵仏師応源のこと平田寛1
『西遊記』形成史に現われた密教文化の諸相:チベット仏教との関係を中心に磯部彰14
経典と図像と仏像: (衤蓋)襠衣を中心にして井上曙生55
『大悲胎蔵三昧耶曼荼羅』の構造八田幸雄71
インドの儀礼絵画河野亮仙87
パンチェン・ラマの胎蔵曼荼羅儀軌田中公明99
“Saṃpuṭodbhavatantra”所説の金剛薩埵マンダラ野口圭也1
第6号
明代の護法尊集会図栂尾祥瑞1
宮中真言院五大尊・十二天図像:大治二年画像焼失後の制作と原本図像に関する一試論栗本徳子14
我が国における密教彫刻とその仏師たち江口正尊30
ナーガと仏教入澤崇38
降魔成道頭の図像学的考察:インド古代初期からグプタ朝まで中川原育子51
マンダラ儀礼と舞踊劇河野亮仙74
ペンコルチューデ仏塔と『初会金剛頂経』所説の28種曼荼羅田中公明1
第7号
鏡弥勒像の図像真鍋俊照1
兵庫・十輪寺の五仏尊像図について武田和昭9
宇佐天福寺奥の院木彫仏群について:平安初期一木彫像の地方展開の一事例渡辺文雄23
弥勒菩薩画像の図像的考察:宝山寺本を中心として内田啓一33
南インドの請雨法河野亮仙46
第8号 特集号
立川武蔵2
マチェンドラ・ナート寺の百八観自在について立川武蔵
服部しのぶ
6
百八観自在図像についての覚え書き高岡秀暢19
ネパール観自在図像資料
 マチェンドラ・ナート寺観自在白描
   ガウタム・ラトナ・バジュラーチャールャ画
25
 マチェンドラ・ナート寺観自在図像
   アモーガヴァジュラ監修 高岡秀暢撮影
81
第9号
庶民信仰図像の研究藤澤隆子1
『仁王経五方諸尊図』の伝来について下松徹14
<ヘーヴァジュラ系タントラ>所説の女尊と曼荼羅(一)島田茂樹36
李朝時代前期の密教図武田和昭71
Vairocanaの体験と表現(二)八田幸雄85
『秘密集会』曼荼羅の歴史的展開田中公明1
ネワール仏教の仏塔建立について吉崎一美15
第10号
絵画彫刻にみる弘法大師像の変遷辻村泰善1
高野山遍照光院蔵の一字金輪曼荼羅:図像とその背景をめぐって内田啓一10
多田等観請来仏伝タンカについて奥山直司27
『理趣釈』所説「曼荼羅」考:「不空所伝の金剛頂瑜伽経について」(3)田中悠文43
法隆寺金堂四天王蔵と邪鬼中西悟聰55
三十三所観音図像について白木利幸73
『サーダナ・マーラー』の観自在菩薩の成就法佐久間留理子1
第11号
絵所澤間長祐と三千仏図真鍋俊照1
北斗曼荼羅図の成立と展開武田和昭13
愛知・真珠院所蔵の涅槃変相図について:涅槃変相図の新資料紹介渡辺里志35
秩父観音巡礼の札所本尊像の変遷白木利幸49
マハーマーヤーの成就法森雅秀23
西チベット・トリン寺とツァパラン遺跡の金剛界諸尊壁画について田中公明11
仏の歩む旗の道:dhvajāvaropaṇa考吉崎一美1
第12号
高野山阿弥陀聖衆来迎図の基礎研究と一試論井筒信隆
吉武貢
1
千葉・東光院蔵 伝七仏薬師坐像の図像表現をめぐって津田徹英21
揺銭樹仏像考入澤崇44
四苦図像の系統と展開:病苦と死苦の図像を中心に鷹巣純61
東大寺僧形八幡神像の結縁交名:造像を中心とした中世信仰者の結衆とその構造青木淳72
ネパールの仏塔に見る壺の入れ子構造と色究竟天吉崎一美1
金剛界マンダラの三昧耶会について乾仁志15
第13号
醍醐寺蔵八大菩薩図像と多宝塔扉絵川村知行1
キジル第110窟の仏伝図について中川原育子19
寺院のありかたにおける仏教美術の展開とその性格:古代韓日文化交流を中心として洪潤植1
敦煌莫高窟第465窟の壁画について(Ⅰ)奥山直司24
コスモロジーと曼荼羅田中公明33
インドネシアの金剛界曼荼羅:ガンジュク出土のブロンズ像松長恵史48
第14号
インドの大日如来像の現存作例について宮治昭1
『五輪九字明秘密釈』における阿弥陀曼荼羅について赤塚祐道31
『完成せるヨーガの環』第19章「金剛界マンダラ」訳註立川武蔵1
七獅子蓮華座の図像について:韓国統一新羅公基の石造毘盧遮那仏坐像を中心に朴亨國34
ヴァジュラ・アナンガ・マンジュシュリーの成就法佐久間留理子61
チャクラサンヴァラの三三昧山口しのぶ71
ジニャーナパーダ流のマンダラ構成佐藤努85
第15号
東寺講堂諸像の作風的系譜楠井隆志1
香川・普門院蔵五忿怒像について下泉全暁20
インドの四天王の図像的特徴金香淑1
『完成せるヨーガの環』の成立に関する一考察森雅秀28
仏を鏡に映す吉崎一美43
『サマーヨーガタントラ』の金剛薩埵族のマンダラ:中部ジャワスロチョロ出土の青銅像松長恵史57
第16号
中世における聖徳太子図像の受容とその意義津田徹英1
Cakrasaṃvarābhisamaya研究(2):訳註Ⅰ桜井宗信1
新出のSkt.写本『普賢成就法』註所説の文殊金剛十九尊曼荼羅について田中公明17
パーラ朝の金剛手・金剛薩埵の図像学的特徴森雅秀35
チャクラサンヴァラの三三昧(2)山口しのぶ59
いわゆる「人中像」という名称について:吉村怜「盧舎那法界人中像の研究」の再検討朴亨國78
マトゥラーのヤクシャ像の一考察:鉢を支えるヤクシャ像の復元的考察を中心に永田郁107
第17号
重源と醍醐寺・村上源氏(上):大藏卿栢杜堂と醍醐寺の三角五輪塔を巡って西川新次1
韓国の毘盧遮那仏の初期図像とその展開朴享國1
ネワール民家の入口を飾る壁画について吉崎一美38
ペンコルチューデ仏塔不空羂索堂の胎蔵曼荼羅諸尊壁画について田中公明51
『サマーヨーガタントラ』の曼荼羅に関する一考察松長恵史60
クメール美術における密教的要素について安元剛80
ローマンタン・チャンパ・ラカンの壁画マンダラについて:二階の瑜伽タントラ階梯のマンダラを中心に川崎一洋110
第18号
瑜祇経所説の三昧耶形図について内田啓一1
研究資料『不動雑記』安嶋紀昭17
僧形八幡神像の成立と展開:神護寺八幡神像と東寺八幡三神像をめぐって津田徹英47
新知恩院本六道絵の主題について:水陸画としての可能性鷹巣純69
妙見菩薩像の変容:千葉・個人像銅造妙見菩薩像懸仏の像容の検討を中心に山下立86
遊行像の系譜:京都・六波羅蜜寺空也像をめぐる想像力田中夕子110
カーピシー出土仏像にみられる焰肩の意味井上陽1
第19号
小山廃寺出土大型独尊塼仏の作風的系譜について:白鳳彫刻史上における仏の位置付け近藤謙1
金襴袈裟の展開松村薫子11
『牟梨曼陀羅呪経』所説のマンダラ高田順仁1
スピティ・タボ寺の『大日経』経諸尊について:大日堂後室諸尊の再検討安元剛18
一遍における二河白道図:絵画と儀礼とのかかわり加藤善朗42
阿修羅の図像について:韓国の八部衆における阿修羅像を中心に水野さや59
四川地方における南朝期の仏伝彫刻について李静傑76
第20号
法琳寺大元帥明王彫像の成立佐々木守俊1
胎蔵大日八大菩薩と八大菩薩曼荼羅の成立と展開田中公明1
中央アジアにおける四天王の図像学的考察金香淑16
中国における八部衆の図像の成立に関する一試論:竜門賓陽三洞の諸像を中心に水野さや29
チベットにおける『李趣広経』の曼荼羅の伝承:シャル寺南堂の作例を中心に川崎一洋49
ジュニャーナパーダ流のジャンヴァラ成就法:『秘密ジャンバラ成就法』Guhyajambhalasādhana菊谷竜太62
ジャワの金剛杵・金剛鈴について伊藤奈保子74
第21号
新出の高野大師四社明神画像について内田啓一1
タミルナードゥ州に現存する石彫仏像(調査報告)袋井由布子1
ジャワの金剛部系尊格の現存作例について伊藤奈保子16
シャル寺の曼荼羅壁画について(Ⅲ):プトゥンの金剛界曼荼羅理解川崎一洋37
「四種護摩本尊並眷族図像」における降三世マンダラ諸尊について:巻頭六尊の再検討安元剛48
第22号
双身毘沙門天小像の諸相村田靖子1
申生贅語:孝子伝図と孝子伝黒田彰17
鎌倉末期における涅槃図像の変容:誓願寺本を中心として加藤善朗32
城陽市極楽寺阿弥陀如来立像について:仏師行快と快慶晩年の事績近藤謙46
密教論師としてのRatnakīrti:Śāsanasarvasvakasādhanaをめぐって桜井宗信1
バリ・ヒンドゥー寺院の神像について:バドゥブラン・プサ寺院の事例報告山口しのぶ15
統一新羅:高麗前期の石塔における四仏について:東面の円形持物を執る如来像を中心に水野さや28
アジャンター第2窟後廊左右祠堂のヤクシャ像について:王朝とヤクシャ信仰をめぐる問題永田郁48
第23号
魏陽贅語:孝子伝図と孝子伝黒田彰1
「西国三十三所順礼元祖十三人先達御影像」について白木利幸19
中国における騎獅文殊と騎象普賢の成立と一対化過程に関する一試論朴享國1
NāgabodhiのŚrī-guhyasamājamaṇḍa-lopāyikā-viṃśati-vidhiにおけるマンダラの度量法田中公明26
いわゆるVajrācāryanayottamaについて苫米地等流40
Kriyāsaṃgraha所説の金剛界マンダラについて:枰線儀軌を中心として松尾力51
北西インドにおける密教図像の展開:特に中国と西チベットへの流伝を視野に入れて安元剛69
インドネシアの財宝尊の現存作例について伊藤奈保子100
第24号
山本兆揚翁と両界曼荼羅真鍋俊照1
韓国灌燭寺石造菩薩立像の特色に関する二、三の考察岩崎和子7
日本における不動明王の図像展開に関する一試論:特に頂髻を表す不動明王について見田隆鑑22
総持寺所蔵銅板線刻蔵王権現像の再検討:刻字面の解釈を中心に太田雅子42
カーンヘーリー第三窟の初期仏陀像造例について平岡三保子1
古代インドにおける蓮華手ヤクシャと観音菩薩の関係について:「ヤクシャの菩薩化」をめぐる問題永田郁16
中央チベットにおける不動の図像的な問題大羽恵美31
第25号
薬師寺の聖徳太子像と四天王寺の「泰川勝像」石川知彦1
金剛界八十一尊曼荼羅諸本に於ける各尊像の若干の相違について:五佛を中心に・制作側の観点から長谷法寿16
但馬・今滝寺所蔵孔雀明王象の図像学的考察:中世日本における祈雨・孔雀経法の実践、そして思想をめぐって橋本愛子28
北野天満宮所蔵「北野社絵図」に関する一考察郷司泰仁46
アジャンター石窟における「従三十三天降下」の図について福山泰子1
スワート・カシュミール地域のブロンズ像の様式的源流について:パキスタン山間部の仏坐像を中心として安元剛19
現存する「大清乾隆年敬造」銘の仏像群と宝相楼仏像群について那須真裕美47
第26号
法隆寺再建をめぐる政治状況と五重塔塔本四面具山岸公基1
法隆寺五重塔塔本塑像西面の復原的考察野村昌弘17
法相曼荼羅の諸相とその系譜について多川文彦31
胎蔵曼荼羅第三重の成立過程田中公明1
中央チベットにおける八大菩薩と併置される仏と守門神大羽恵美13
ヤッカウランダ周辺の仏教遺跡井上陽31
大理国時代の密教における八大明王の信仰川崎一洋48
ガンダーラの「誕生」図にみる文化基盤上枝いづみ62
第27号
新出の同形同寸の銅製不動明王立像について村田靖子1
蓮華三昧院所蔵阿弥陀三尊像について高間由香里15
「ナーマサンギーティ文殊」の図像と典拠についての一考察スダン・シャキャ1
北西インドにおける『大日経』系毘慮遮那と三部の作例について:アジアにおける、図像と思想の展開を視野に入れて安元剛22
ハリプルの四仏について田中公明48
ジャワの浮き彫りと南インドの図像:「カメの空中飛行」の造形と文献の照応松村恒60
中国陝西省延安市安塞謙樊庄石窟について:陝北地方における北宋の石窟造営とその背景に関するてがかりとして水野さや69
第28号
善光寺式阿弥陀三尊の模像製作について:滋賀新善光寺の善光寺式阿弥陀三尊像を例に松岡久美子1
山景をそなえた阿弥陀仏五十菩薩像について小野英二18
『諸仏菩薩金剛等啓請』所収の「毘盧遮那修習啓請次第」について川崎一洋32
デーヴァとアスラの戦闘理由:パーリ語文献を中心に西谷功1
『タントラ部集成』に収録される秘密集会曼荼羅について張雅静22
第29号
天台大師智顗の肖像:延暦寺本をめぐって吉村稔子1
平安時代前期・中期における孔雀経法の形成と展開:空海請来から藤原道長による平産の祈りへ橋村愛子15
千手観音眷族の功徳天と婆藪仙をめぐって濱田瑞美39
神変と光背に関する一考察熊谷貴史58
運慶壮年期における造形表現と造像環境について:興福寺木造釈迦仏頭を中心に植村拓哉73
トンワトゥンデンとは何か?:タンカの起源と『文殊師利根本儀軌経』田中公明1
ギルギット地域・タルパンの陀羅尼刻文と、観音「随心呪」について:観音信仰からターラー信仰へ安元剛10
第30号
密教図像学会三十周年記念中国仏教美術見学会:太原・五台山・応県・雲崗頼富本宏1
松島五大堂の五大明王象に関する一考察見田隆鑑20
仁海本仁王経曼荼羅の思想的裏付け:金剛利菩薩の三昧耶形を中心に鍵和田聖子48
Kambalapāda(La ba pa)『チャクラサンヴァラ成就法』:その構成と観想法桜井宗信1
韓国国立中央博物館所蔵の金銀製小型仏龕に関する一考察瀧朝子19
チベットにおける四天王の図像について大羽恵美33
第31号
新出の立川流聖教について:翻訳と解題内田啓一1
常行堂宝冠阿弥陀如来像の典拠図像と造像背景:鎌倉時代を中心に古幡昇子19
禅林寺所蔵のいわゆる「十王図」の制作背景釋真弥35
ガンダーラにおける「兜率天上の弥勒」への信仰について:『出三蔵記集』『梁高僧伝』を中心に打本和音1
火焔を背にしたオェーショー=シヴァ:アフガニスタン北部出土のクシャン朝絵画と、密教図像の一源流安元剛19
ヴァスダーラー(Vasudhārā)の女尊の図像とその典拠についてスダンシャキャ44
四獣頭(四獣、四聖獣)の形成と伝播について朴享國64
胎蔵五仏の成立について:『大日経』の先行経典としての『文殊師利根本儀軌経』田中公明83
第32号
仏像の誕生:異宗教の受容による仏教尊像の生成宮治昭1
三弁宝珠の発見とその働き頼富本宏19
鎌倉時代における泉涌寺流の道場荘厳について:仏画の宗教的機能西谷功38
「延暦二十四年官府」の太政官印をめぐって山田佳雅里62
Grags pa rgyal mtshanの示す死者儀礼桜井宗信1
第33号
北京天寧寺塔について水野さや1
九条兼実の仏舎利奉納願文にみる興福寺南円堂不空羂索観音像再興の意義神野祐太15
『ヴァジュラーヴァーリー』と「ミトラ百種」曼荼羅集の新資料田中公明1
北西インドにおける金剛手・金剛薩埵と、多臂半跏思惟観音の作例について:インド密教図像形成の一様相安元剛14
南インドのヒンドゥー教寺院におけるダクシナー・ムールティー像について袋井由布子37
縁起法障頌を伴った泥製奉納板(votive tablet)における意匠那須真裕美54
アフガニスタン・カーピシーの弥勒菩薩の図像とその信仰打本和音68
第34号
金銅製一光三尊像の一変容:宙に浮く菩薩像村田靖子1
現図曼荼羅に関する一考察:虚空蔵院の構成原理について中村夏葉12
インド初期仏教美術の仏伝図における出家の場面について中西麻一子1
ガンダーラにおけるアングリマーラ説話図について上原永子19
ジャワ島出土の密教尊像の再考察松長恵史32
『ボーディサットヴァ・アヴァダーナ・カルパラター』にみられる龍王の図像:ナンダ・ウパンダ龍王の図像を中心に大羽恵美45
サキャパンディタ〈ルーイーパーダ流〉理解:『サンヴァラ・ルーイーパーダの十万粒』を中心に桜井宗信65

連絡先

密教図像学会

〒600-8268
京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
龍谷大学文学部 入澤崇研究室気付
密教図像学会事務局
電話075-343-3311(代)

↑ PAGE TOP